Little by little ー子宮ガンになってー
結婚2年目、そろそろ子供を・・・と思って婦人科に行った先で判明した病気と その後の揺れる思いと日々の生活・・・
プロフィール

bitter

Author:bitter
まさかのガン患者になり、人生設計を変えなくてはならなくなってしまった「ディスコ」世代の主婦です。



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショック!
18日は2ヶ月検診の日だった。
ここの所、腫瘍マーカーが少し基準値をオーバーしていて少し気がかりだった。
いつものように、血液検査をして、順番を待つ。
まず、そこで主治医の所に「30分遅れ」と書いてあった。
まぁ、良くある事なのだが…
でも、15分ぐらいで先生が走ってきたのが目に入ったのだラッキー
結局、その後10分ぐらいで名前を呼ばれて、いつものように前の細胞診と血液検査の結果を聞く。
全く問題なしである
前回までオーバーしていた腫瘍マーカーも基準値内に納まっていた。
お~、いい事ばっかりやん、今日もご機嫌で帰れるわ何食べて帰ろぉ~と思った矢先、先生が、
「実は…この秋で退職するん事になったんです」と…
「え~、(うそぉ~)どうされるんですかぁ~?独立されるんですかぁ?」と聞くと
「そうなんですよ、東大阪なんで、ちょっとbitterさんには遠くなってしまいますね!」と先生。
「産科もされるんですか?」
「いや、一人なんで、婦人科だけです。CTとかも置けないから、当面はここに通われる方がいいかと思います。次回はまだ居るので、その時に引き継ぎしますね!」と…
色んな方がブログに主治医が変わったというのを書いておられるのを見て、いつか来るんだろうなとは思っていたが、こんなに早く来るなんて…超・超・超ショックなんですけど~
すっごいお気に入りの主治医だったのに~あ~、悲しい

やっぱり、手術をしてもらった先生にずぅ~っと見てもらいたいって思うのは患者のワガママなのかしら~ん
いやだよぉ~
と、泣いていても始まらない。こうなったら、若いピチピチした先生にでもしてもらうかな
しっかし、大きい病院はコレが玉に瑕なんだよね。
そういえば、この1年半で先生がだいぶ入れ替わっていたような…
医者の間でも一般企業と一緒で、人材確保って難しいんだろうなってしみじみ感じてしまいました

次回は残念だけど、新しい出会いを楽しみにしたいと思います





スポンサーサイト
RFL in 芦屋
昨日、日本で第2回目の開催となった「RFL in 芦屋」に行ってきました。
お天気が心配されていましたが、何度か通り雨があっただけで、帰る頃には鼻の頭が真っ赤っ赤に日焼けするほどの快晴に恵まれました。
きっと、皆さんの思いが通じているんでしょうね!

私は「癌でもいいじゃん」チームに参加させて頂き、おそろいの赤のテンガロンハットを被って歩いてきました
最初はなんだか恥ずかしいような、照れくさいような気持ちが拭えなかったのですが、ブログで知り合った方に会えたり、現地でお互いの事を話たりしている内にあっという間に時間が経ってしまいました
とっても有意義な時間が持てて、本当に参加して良かったと思っています。

若い方がボランティアで遠い所から参加されていたりして、やっぱりこういう事を続ける事で、自分には全く関係ない事ではなく、自分にも起こるかもしれないという危機感を持ってもらって、検診に行く人が増えてくれるといいなと思いました
(日本人の3人に1人がガンを患っていると聞いてもピンとこないんだよね、これが…

是非、来年もどこかで開催してほしいですね!

余命1ヶ月の花嫁
今日、だいぶ前にTVで放映されていた「余命1ヶ月の花嫁」を見た。
乳がんを患い、余命宣告された24歳の女性の実話だ。

感想は…やはり見ていて辛い部分が多すぎた。
まず、乳がんの末期になってしまった彼女のお父さんの気持ちを思うと辛くて辛くて涙と鼻水の嵐。。。
まして、妻(彼女の母親)を卵巣がんで、9年前に亡くしている。
彼女はお父さんが43歳の時に授かった一人娘である。
可愛くて可愛くて仕方がない娘であり、たった一人の家族なのに…

次に、彼女の乳がん発覚直後に事情を話しても一緒にがんばろうと付き合いだした彼氏。
この彼が、ものすごく、爽やかでカッコイイ!それに優しすぎる。
人ってここまで相手の事を思いやれるんだぁと熱い思いにさせてくれた。
この彼と、彼女の希望であるウエディングドレスを着て、結婚式を挙げたのだ。それはそれは幸せそうな笑顔だった。
他にも友人や母親代わりの伯母さんなど、周りの人に支えられて彼女の病室は明るい雰囲気が伝わってきた。
この彼は毎日毎日笑っていた。余命を知っているから無邪気に笑う彼女を見るとさぞかし辛かった事と思う。でも、ずっと笑っていた。

余命を本人に告げるかどうかというのは本当に難しい事なんだと思う。今回の方は黙っておられたが、あたしならどうして欲しいだろう…と考えても考えても答えは出ない。
きっと、そういう状況を考えたくないからだろう。

このVTRを見て、私はガンの恐ろしさをまだ何も分かっちゃいない事を痛感した。
ガンの痛みである。
彼女は骨を折られているようだと表現していた。想像を絶する痛みなのだろう。
まだ、私は術後1年と6ヶ月。
やっぱり、安心しきっていてはダメだなと…(^^;)
子宮ガンになったという事は、一般の健康な方よりも乳がんになる確率はやっぱり高いよ…と乳がん検診の時に先生から言われた事も思い出した。

今の私が出来る事、やっぱり検診が大切!ってことなんだよね。
小島 よしお
お盆の時期からはまってしまった
初めて見たときから「これは来る~」と思っていたが、こんなに早くブッチギルとは…
今ではあたしも相方も、着メロが「オッパァピィ!」である
ちょっと前までは「左へ受け流す~」がお気に入りだったのに…

お笑いの周期ではないけれど、喉元過ぎれば熱さ忘れるで、最近自分がガンの手術をしたというのを忘れてしまっている時が多くなった。
これは、良い事だと思う反面、やっぱりいろんな意味で気を付けないといけないとも思ってしまう
そんな時、あたしの右足がズキッっと痛み出すのだ(グットタイミング~
そう、リンパ浮腫もどき。
もどきと言うのは、先生が認めてくれないからなのだが、明らかに腫れてるねん、陰部や腿の付け根が…
やはり、規則正しい生活と身体にやさしい食事と適度な運動が必要なのよね!

あぁ~、どれもあかんかもぉ~

でも、そんなの関係ねぇ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。