Little by little ー子宮ガンになってー
結婚2年目、そろそろ子供を・・・と思って婦人科に行った先で判明した病気と その後の揺れる思いと日々の生活・・・
プロフィール

bitter

Author:bitter
まさかのガン患者になり、人生設計を変えなくてはならなくなってしまった「ディスコ」世代の主婦です。



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見たかった映画 パート2
昨日、近くの映画館がレディース・デーということもあり、またもや見たかった映画を見てしまった

「最高の人生の見つけ方」

モーガン・フリーマンとジャック・ニコルソンの大人の男の物語。

二人の共通点、、それは 「余命6ヶ月の宣告」。
モーガン・フリーマン扮する、車の修理工が何となく書いていた、「The Bucket List=死ぬ前にやりたい事リスト」を、お金だけは持ってる大富豪役のジャック・ニコルソンがやろう!とけしかけ、家族の反対にもかかわらず、車の修理工のおやじはその誘いに乗るというお話。

修理工の奥さんは看護婦で、この病院がダメなら他にもっと良い治療をしてくれる所を探すというのだが、オヤジはそれを拒否する。45年間家族のために働いてきた自分の人生、最後ぐらい好きな事をさせてくれと・・・
奥さんはオヤジ(夫)が病気(ガン)から逃げているとまくし立てていたが、自分がその立場ならどうするだろうと、映画を見ながら考えていた。
周りが心配しないように、笑顔を造りながら毎日を暮らすのも・・・う~ん
かと言って、あかの他人と遊んでくるわぁ~というのも、なんだかなぁ・・・

これは女と男の生理的な違いもあるのかなぁ・・・とも思った。
この主役が女性二人なら、何となく様にならないような気がしたからだ。

子宮ガンで子供を産めなくなった後、色々勝手な空想をしていた
もし、宝くじが当たったら、絶対代理母出産するぞぉ~とも思っていた。
それを、何となく相方に遠まわしに言ってみたら、
「俺はそこまでして、欲しいとは思わへんなぁ」
と、はっきし言われて、内心ショックを受けた事を思い出した。
(まぁ、所詮「ありえないっつうの!」的な話なのだが・・・

この映画でも、結局は、家に帰ってみんなと楽しく食事する時間を持つ事に幸せを感じ、やっぱり人の心の温かさに触れているのがいいと思わせてくれるのだ・・・

これ、実はあまり興行的にはよろしくないらしく、1日に1回、しかも18:50~始まりという、主婦には非常に行きにくい時間帯であったのだが、相方に断って、(しかも当日は相方のオフ)1人で行っちゃいました

映画館を出て、急いで閉まりかけたエレベーターに飛び乗ると、もう1人、大急ぎで飛び乗ってきた大男が・・・ヤツ(相方)でした

スポンサーサイト
見たかった映画
昨日、映画の日だったので、前から見たかった映画、「ぐるりのこと。」を見に行った。
あんまり多くの映画館でやっていないからか、満席状態だった。(ほとんど、女性だったが・・・

この映画、リリーフランキーと木村多江主演で、この二人の夫婦の話なのだが・・・いいのよ、リリーフランキーのぬぼ~とした感じが・・・(^^)

人の、愛する人への温かさがすごく自然に感じられたり、娘にはない、息子の母親に対する気使いっちゅうのがとてもよく現れていたり、また、この10年で起こった卑劣な事件を織り込んでいて、本当に世の中が最も変わっていった10年なのかもと思わせたりと、飽きずに見られた映画でした。

この監督、橋口亮輔は自分が「ゲイ」であることをカミングアウトしている。
だからではないだろうが、結構過激なトークも出てきて、私達世代(アラフォー)には楽しめる部分でもあった

人間の本来の在り方を学ばせてくれる素敵な映画でした。

話は変わって、先週3ヶ月検診でした。
時間が押していたのもあったのか、先生、めちゃめちゃ速攻の検診でした
まぁ、プロだから、大丈夫でしょうが・・・
で、結果は問題なし
(ちょっと、マーカーの数値は範囲超えてるんやけど、気にする程でもないんだろう・・・)

今年ももう半分終わってしまった。(早すぎる~
さぁ、何か目標立てないとあかんなぁ~












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。