Little by little ー子宮ガンになってー
結婚2年目、そろそろ子供を・・・と思って婦人科に行った先で判明した病気と その後の揺れる思いと日々の生活・・・
プロフィール

bitter

Author:bitter
まさかのガン患者になり、人生設計を変えなくてはならなくなってしまった「ディスコ」世代の主婦です。



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最も長い1ヶ月
手術日までの1ヶ月、本当に長く憂鬱な日々が続いた。

旦那のご両親へ報告 
1ヶ月もの入院生活に対する準備とその間の旦那一人の生活の心配
友人にどうやって報告しようかという事
赤ちゃんを抱いているお母さんを見ると、涙が出てくる自分
ネットで色んな方のブログを見て、一喜一憂
想像もできない手術の痛みと後遺症の不安
子宮温存か全摘かを自分が決めないといけない事
がん保険に入っていなかったので、いくらかかるのかという金銭的な不安
etc.

この時が精神的には一番きつかったように思う。
人間、決めたら後はそれに向けて動けばいいのだが、決断するまでがやはり心が痛む。
本当に一人でよく泣いた1ヶ月だった。

しかしこの後、私は最初の気持ちとは逆の決断をする。
スポンサーサイト

テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://makintoki.blog101.fc2.com/tb.php/10-d7084ce1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。