Little by little ー子宮ガンになってー
結婚2年目、そろそろ子供を・・・と思って婦人科に行った先で判明した病気と その後の揺れる思いと日々の生活・・・
プロフィール

bitter

Author:bitter
まさかのガン患者になり、人生設計を変えなくてはならなくなってしまった「ディスコ」世代の主婦です。



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決断
広汎子宮全摘手術とリンパ節郭清、これが私が受ける手術名になった。

そう、私は子宮温存を諦め、子宮全摘に決めたのだ。
なんで?なんで?と思われるかもしれないが、決めたのだ。

悩んだ。本当に悩んだ。子供が欲しい気持ちは1年経った今もないとはいえないぐらいだから・・・

それならどうしてなのか?
実は日が経つにつれて、「死」の恐怖に耐え切れなくなってきたのだ

前にも書いたように、私が行っている病院では温存手術がまだ「1例」だったという事もあり、手術自体に不安があった
最初はそれでも賭けてみたかった
もしかしたら、何年かそう遠くない先には温存の手術が当たり前のように行われているかもしれない。
そうなったらきっと後悔すると思っていたからだ

だが、だんだん手術日が近づいてくると今度は「死」への恐怖が襲ってきたのだ。
これは初めて感じるものだった。

怖かった。本当に怖かった。

自分の命より子供を・・・という方の話を聞いた事があるが、私は死ぬのは嫌だ。この年齢なら、まだまだ何でもできるし、まして相方に申し訳ない。
もし、立場が逆ならどう思うかとかも考えたが、やっぱり相方には生きていて欲しいと思うのだ

二人の子供の顔はもちろん見たかったが、自分の年齢も考慮し、私は「生きる」事を最優先に考え、それに対して今、最も可能性の高い全摘の方を選んだのだ。

どちらかを決断したら、必ず後でもう一つの方が良かったのではないかと考えてしまう事がある。 

だが、私は決めたのだ
スポンサーサイト

テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

こんばんわ、マッキーです。
その節は応援ありがとうございました。
早速ブログにきて、bitterさんの手術に至る経過を拝見しました。
「まだ死ねない」という強い思い。
胸にぐっと来ました。

私はまだ手術していないので、これから気持ちの変化がどうなるのか分かりません。
しかし、いろんな方のブログを拝見し、いろんな思いの中で、いろんな人に支えられているのを目の当たりにし、「私も頑張ろう」と思っています。

また遊びに来ますね。
これからもお付き合いどうぞよろしくお願いいたします。
【2007/05/13 21:45】 URL | マッキー #- [ 編集]


はじめまして、anegoです。
コメント、アリガトウアリガトウ!
日記、拝見しました。場所は違うが同じ病気、お察しします。
私も子供を産むことはなさそうです(抗がん剤の副作用により、閉経する可能性が大)
予定はなかったのですが、人一倍子供好きだったんで、もう「産めない」となると、つらいと思ったりしましたが、やはり自分の命が第一ですよね・・・。
すぐにお返事できず申し訳ないです~。PCしばらく使えない状態だったんで・・・日記復活しますのでまたおヒマなときにきてください。
【2007/05/14 13:37】 URL | anego #quSBhyNc [ 編集]


マッキーさん、記念すべき!?第一号コメントありがとうございます。

早速のお返事とても嬉しかったです。

マッキーさんとは境遇が似ているような気がして(勝手に思ってるだけです(^^))なぜか親近感がわくんですよね!実は、前の会社のニックネームがマッキーだったんですぅ~(^^)

これから手術を受けられるという事なので、少しでもお役にたてる事があればと思います。
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。

同じ兵庫県なので、術後元気になったら美味しいケーキでも食べにいきましょう。


【2007/05/14 19:41】 URL | bitter #- [ 編集]


Anegoさんへ

こちらこそ、早速のコメントありがとうございます。
文章を拝見して、まさしく「アネゴ」というのがぴったりなお姉さんなのではと勝手に想像しております(^^)

婦人科系のガンは、切って終わりではなく、後遺症やその他の精神的な事も関わってくる、とても乗り越えるのに大変な病気だと思います。
子供が大好きだという事で、辛いお気持ちになる事が幾度となく起こってくると思いますが、まずは、元気になる事だと思います。

これからは、信頼のおける先生と共に戦って下さいね。
【2007/05/14 19:55】 URL | bitter #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://makintoki.blog101.fc2.com/tb.php/11-b046a0d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。