Little by little ー子宮ガンになってー
結婚2年目、そろそろ子供を・・・と思って婦人科に行った先で判明した病気と その後の揺れる思いと日々の生活・・・
プロフィール

bitter

Author:bitter
まさかのガン患者になり、人生設計を変えなくてはならなくなってしまった「ディスコ」世代の主婦です。



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余命1ヶ月の花嫁
今日、だいぶ前にTVで放映されていた「余命1ヶ月の花嫁」を見た。
乳がんを患い、余命宣告された24歳の女性の実話だ。

感想は…やはり見ていて辛い部分が多すぎた。
まず、乳がんの末期になってしまった彼女のお父さんの気持ちを思うと辛くて辛くて涙と鼻水の嵐。。。
まして、妻(彼女の母親)を卵巣がんで、9年前に亡くしている。
彼女はお父さんが43歳の時に授かった一人娘である。
可愛くて可愛くて仕方がない娘であり、たった一人の家族なのに…

次に、彼女の乳がん発覚直後に事情を話しても一緒にがんばろうと付き合いだした彼氏。
この彼が、ものすごく、爽やかでカッコイイ!それに優しすぎる。
人ってここまで相手の事を思いやれるんだぁと熱い思いにさせてくれた。
この彼と、彼女の希望であるウエディングドレスを着て、結婚式を挙げたのだ。それはそれは幸せそうな笑顔だった。
他にも友人や母親代わりの伯母さんなど、周りの人に支えられて彼女の病室は明るい雰囲気が伝わってきた。
この彼は毎日毎日笑っていた。余命を知っているから無邪気に笑う彼女を見るとさぞかし辛かった事と思う。でも、ずっと笑っていた。

余命を本人に告げるかどうかというのは本当に難しい事なんだと思う。今回の方は黙っておられたが、あたしならどうして欲しいだろう…と考えても考えても答えは出ない。
きっと、そういう状況を考えたくないからだろう。

このVTRを見て、私はガンの恐ろしさをまだ何も分かっちゃいない事を痛感した。
ガンの痛みである。
彼女は骨を折られているようだと表現していた。想像を絶する痛みなのだろう。
まだ、私は術後1年と6ヶ月。
やっぱり、安心しきっていてはダメだなと…(^^;)
子宮ガンになったという事は、一般の健康な方よりも乳がんになる確率はやっぱり高いよ…と乳がん検診の時に先生から言われた事も思い出した。

今の私が出来る事、やっぱり検診が大切!ってことなんだよね。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
見られなかった
私ね、この番組、見る勇気がなかった。
関西では、再放送?が、流れたんやったっけ。
見た友達から、内容などを聞き、辛かったと聞いて、その時間は違う番組を見ていた。
きっと、健康な人が見る視点と、私達が見る視点、きっと違うんだろうね。

私だったら、余命って知りたいと思う。
有意義に、残された時間を使いたいって思うから。
これは、人によって考え方は、いろいろだろうね。

痛みの話。
私、実は痛みと出血から、ガンが解ったクチなの。
だから、凄く解るよ。ガンと言う痛みね。
立っても座っても、寝っころがっても何しても、痛いの。
のた打ち回った。その時、皮肉にも「陣痛ってこんな痛みなのかな」って、
経験もしないような事、考えたり。陣痛みたく、間隔があるワケでも無くて、
常時ずっとずっと痛かった。
私はいろんな痛み止めを試したけど、行き着いたのは、麻薬だった。
(モルヒネや、オキシコンチンと呼ばれる医療麻薬ね)
それまで、私もガンって痛いなんて知らなかったから、とても辛かったのを思い出したよ。
幸い、今はその痛みは、微塵も無いんだけどね。

健康である人達が、あの番組を見て、啓蒙してくれれば良いよね。
検診はその第1歩だよね。

いつも、長くて、ごめんなさい( ´Д⊂

【2007/09/11 23:11】 URL | クランベリー #- [ 編集]

クランベリーさんへ
え~、クラちゃん、痛みがあったのぉ~!
その彼女も言ってた。どこをどう動いても痛いんだと・・・
だから、日に日に麻薬が強くなっていってた。彼女は何で聞いてるんだろうって言ってたけどねi-201
あたしは術後に2日間、背中からモルヒネが入ってたらしい・・・そういえば、ずぅ~っと意識が朦朧としてたなぁ、しんどかったのを覚えてる。

そう、あたしも基本的には絶対に告知してほしい派なんだけど・・・
彼女はもう治らない事は薄々感じてて、お父さんに後1年ぐらいなの?って言ってたんだけど、その時に後1ヶ月しか残ってなかったんだよね。あたしなら20代、30代でこう言われたらどうやろうって思うと、もしかしたら、知らなくて良かったかもしれないって思ったんだよね。
だから、本当に難しいよ。それぞれの年齢やその時の状況が違うしねi-177
でも、その元凶が取り切れたんだね、きっと・・・良かったね、クラちゃんi-179

そう、私達には沢山の臓器があるから、検診行かないとね(^^)
PS.いつもいつも、長いコメント楽しんでるよぉ~(^^)
【2007/09/12 19:55】 URL | bitter #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://makintoki.blog101.fc2.com/tb.php/43-64ae73e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。