Little by little ー子宮ガンになってー
結婚2年目、そろそろ子供を・・・と思って婦人科に行った先で判明した病気と その後の揺れる思いと日々の生活・・・
プロフィール

bitter

Author:bitter
まさかのガン患者になり、人生設計を変えなくてはならなくなってしまった「ディスコ」世代の主婦です。



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市民がんセミナー
3月9日の日曜日、芦屋でガンのセミナーに参加した。
「もっと知ってほしい女性のがん」という、プログラムだ。
昨年、リレー・フォー・ライフを開催された、実行委員会の方々によるものである。
婦人科の先生方の講演と、逸見晴恵さん(逸見アナウンサーの奥様)やさかいひろこさん(漫画家)らの体験談によるお話だった。
内容は非常に濃いものだった。自分は子宮頸がんの事しかよく知らないが、乳がんや卵巣がんの事も詳しく説明して下さった。
最後に懇親会があり、ガンの体験者だけでなく、そのご家族の方のお話を聞けて、やはり病と戦うには1人ではなく、周りの支えがあってこそ戦えるんだという事や、家族ゆえの辛さも改めて知ることができた。

今回のセミナーは兵庫県の検診率があまりにも低いという事で、これを機会に是非検診に言ってほしいとの呼びかけで開催されたものである。
それで、逸見さんがしきりに女医さんをもっと増やして、女性が検診に行きやすい様にしてほしいと訴えておられた。
それはそれで、一つの意見として現実にあるだろう。精神的にデリケートな部分を見せる事になるので男性より女性の先生の方が良いと言われる方もたくさんいるから・・・
でも、私はなぜか少しひっかかっていた。
実は入院時に看護婦さんにこう言われた事が頭から離れないのだ。

「bitterさん、○○先生で良かったね!女医さんが良いって言う人もいるけど、男の先生の方が女性の気持ちになれない分、扱いや言葉を選んでて優しいよ!」って・・・

男性で婦人科になっておられる先生方は非常に丁寧で優しい。私の主治医も男の先生だが、嫌な気持ちにさせられた事は一度もない。
私は、女医さんを増やす事よりも、検診の認知度を上げる事と現実の女性のガンの状況を知ってもらう事の方が重要な気がした。

講演をされた男の先生方が苦笑いを浮かべているのが少し気の毒に感じたのは私だけだったのかな・・・

認知度を上げる・・・そう、正に今回のセミナーがその一つである。
素晴らしいセミナーを企画して下さった主催者の方々に感謝・感謝である。
本年初検診
いやぁ、今年になって初のブログ更新だったんだぁ汗;
自分でもビックリしてしまったがっくり

今日は昨年に退職された主治医から変わっての初検診と言う事もあり、少し緊張(まっ、特にしてない自分に気づいていたんだけど・・・jumee☆shy2)な面持ちで一応病院到着。すると、気合が入っていないんだろうなぁ、診察券を忘れたことに気付くorz
仕方がないので、そのまま血液検査をして、産・婦人科へ。
珍しく空いていて、すぐに名前を呼ばれる。

「え~、一昨年の2月に子宮ガンの手術をして、それから、順調に来てるんやね!」
「はい、なんとか・・・」
「じゃぁ、内診しょっか」
「そ・それだけ~えーん

やっぱし、ちょっと寂しいなぁ(--;)
でも、しゃぁ~ないわなと納得させながら内診台へ・・・
「bitterさん、お尻から入れるねぇ」
「えっびっくり
「こっちからの方がお腹の所まで見やすいから。膣部分がどうしても3分の2ぐらい短くなってるからね」
とのこと。
そうなんやぁ、お尻の方から診察する方が分かりやすいんやぁと改めて知ることに。
そういえば、前の主治医も時々お尻から診察してたなぁjumee☆shy1

まぁ、今のところ大丈夫らしい。でも、以前CT撮ってから1年経ってるから、4月にまた2回検査と検診に来るようにと言われちゃいました。
前の主治医は1度に両方してくれてんけどなぁ・・・とは思いながら・・・泣き顔

さてさて、気分を入れ替えて、ランチには玄米菜食でお気に入りのお店、「実身美」へ。
今日も相変らず待たされましたが、美味しかったです。ココに来た時にはいつも、これからは玄米や!って思って帰るんやけど、帰ったらいつもの食に戻ってるのよね~(^^;)
ホント、身体は「食」からなのに・・・にっこり


「24」
この連休、相方が仕事だった事もあり、特にお出かけもしなかった。
(と言っても、いつもの事なのだが・・・
だが、我が家ではゲットしなければならない物があった
それは、TUTAYAが小出しにしている「24」のシーズン6の7・8・9だ。相方が休みの前の日曜日に借りようという事になって、意気揚々とTUTAYAに行ったのだが、甘かった
在庫は一つもなく、返却分を待っている人までいたからだ。
「しまったぁ~、やっぱり朝一に来なあかんかったんやぁ
仕方なく、諦めて相方の待つ車へ向かって、とした(^^)
気を取り直して、芦屋のお気に入りのギョウザ屋に行って、8人前を二人でたいらげ(どんだけ、食べんねん)、カラオケで2時間歌いまくり(もちろん、懐メロばかりです、はい最新曲はサビしか分かりませんから)その後、再度リベンジにTUTAYAへ。
すると、8・9だけが一つずつ残っていて、7が無いのだ。
「え~、これじゃ意味ないじゃ~ん
と言う事で、忙しそうにしている店員さんに申し訳ないのだが、返却分で帰ってきているのがないか、聞いてみた。
すると、奇跡的に(かどうかは分からないが、その時の私にはそう思えた)「7」が一つ返ってきているとの事。半分、「ヤッター!」と声を上げそうになるのを抑えながら、7・8・9を借りたのだ。
またもや、相方の待つ車に向かって、今度はと2回もポーズをとってしまった
それを見た相方が、一言、「そんなリアクションはええねん」と・・・
という事で、シーズン6の7・8・9は見る事が出来ました。
しかし、ここに出てくる人達は、ものすごい身体に傷を負っても、すぐ職場に復帰して、バリバリに働いているから、つい錯覚をおこしてしまうけど、このドラマって、ワンシーズンで24時間(1日)の話やから、本当はありえへんねんけどね!まぁ、そこらへんはドラマやからという事ですね
アメリカのドラマって今ものすごく流行っていて、沢山日本にも来てるけど、変に面白いから、見だすと止められなくなるのが怖くて、新しいものに中々手が出ないんだよね、これが・・・
我が家では、今の所、「24」「プリズンブレイク」「ロスト」の3つに絞っている。「デスパレートな妻たち」も見たいんだけど・・・悩む所です。

話は替わって、土曜日、久しぶりに高校の同級生5人で集まって、喋りまくりました
本当に「まくった」と言うのがピッタリな言葉だと思うぐらい次から次から出てくるんですよね!
仲間ってこれだから、いつ会っても良いなぁって思えるのかな
その話の中で、旦那さんが軽いうつ状態で、休みの日も1歩も外に出たがらないっていう話があって、やっぱり最近増えてきてるんだと再認識しました
うつ病ってれっきとした病気なんですよね。ガンと一緒で早期発見であれば、薬で治る確率は高いと聞きます。
それと、病人を持つ家族もやはり精神的に痛手を被っていると言う事も再確認しました

相方に、またまた感謝の気持ち復活です
(ちょっと、忘れとったからね


余命1ヶ月の花嫁
今日、だいぶ前にTVで放映されていた「余命1ヶ月の花嫁」を見た。
乳がんを患い、余命宣告された24歳の女性の実話だ。

感想は…やはり見ていて辛い部分が多すぎた。
まず、乳がんの末期になってしまった彼女のお父さんの気持ちを思うと辛くて辛くて涙と鼻水の嵐。。。
まして、妻(彼女の母親)を卵巣がんで、9年前に亡くしている。
彼女はお父さんが43歳の時に授かった一人娘である。
可愛くて可愛くて仕方がない娘であり、たった一人の家族なのに…

次に、彼女の乳がん発覚直後に事情を話しても一緒にがんばろうと付き合いだした彼氏。
この彼が、ものすごく、爽やかでカッコイイ!それに優しすぎる。
人ってここまで相手の事を思いやれるんだぁと熱い思いにさせてくれた。
この彼と、彼女の希望であるウエディングドレスを着て、結婚式を挙げたのだ。それはそれは幸せそうな笑顔だった。
他にも友人や母親代わりの伯母さんなど、周りの人に支えられて彼女の病室は明るい雰囲気が伝わってきた。
この彼は毎日毎日笑っていた。余命を知っているから無邪気に笑う彼女を見るとさぞかし辛かった事と思う。でも、ずっと笑っていた。

余命を本人に告げるかどうかというのは本当に難しい事なんだと思う。今回の方は黙っておられたが、あたしならどうして欲しいだろう…と考えても考えても答えは出ない。
きっと、そういう状況を考えたくないからだろう。

このVTRを見て、私はガンの恐ろしさをまだ何も分かっちゃいない事を痛感した。
ガンの痛みである。
彼女は骨を折られているようだと表現していた。想像を絶する痛みなのだろう。
まだ、私は術後1年と6ヶ月。
やっぱり、安心しきっていてはダメだなと…(^^;)
子宮ガンになったという事は、一般の健康な方よりも乳がんになる確率はやっぱり高いよ…と乳がん検診の時に先生から言われた事も思い出した。

今の私が出来る事、やっぱり検診が大切!ってことなんだよね。
小島 よしお
お盆の時期からはまってしまった
初めて見たときから「これは来る~」と思っていたが、こんなに早くブッチギルとは…
今ではあたしも相方も、着メロが「オッパァピィ!」である
ちょっと前までは「左へ受け流す~」がお気に入りだったのに…

お笑いの周期ではないけれど、喉元過ぎれば熱さ忘れるで、最近自分がガンの手術をしたというのを忘れてしまっている時が多くなった。
これは、良い事だと思う反面、やっぱりいろんな意味で気を付けないといけないとも思ってしまう
そんな時、あたしの右足がズキッっと痛み出すのだ(グットタイミング~
そう、リンパ浮腫もどき。
もどきと言うのは、先生が認めてくれないからなのだが、明らかに腫れてるねん、陰部や腿の付け根が…
やはり、規則正しい生活と身体にやさしい食事と適度な運動が必要なのよね!

あぁ~、どれもあかんかもぉ~

でも、そんなの関係ねぇ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。